ワッパー

ワッパー, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2097484 / CC BY SA 3.0

#バーガーキング
#ハンバーガー
#登録商標
ワッパー(Whopper)は、国際的なハンバーガーファストフードのチェーンであるバーガーキングで売られている商品である。
1957年に導入され、大きさやパンの変更を含め、何度かの変遷を経た。
ファストフード業界で最も有名なメニューの1つであり、あまりに有名であるが故に、バーガーキングは看板等で自らを「ワッパーの家」(the Home of the Whopper)と宣伝している。
地域や国の嗜好に合わせて、何種類かのワッパーが販売されている。
また商品を飽きさせないために、様々な具材を追加した地域や期間限定のワッパーが販売されることもある。
なお、ワッパー(Whopper)とは並外れて大きなもの(something unusually large or otherwise extreme of its kind)という意味で、1712年ごろより使用されてきた英単語である。
オリジナルのワッパーは、セサミバンズに1/4ポンド(113.4 g)のビーフパティ、マヨネーズ、レタス、トマト、ピクルス、ケチャップ、スライスオニオンを挟んだハンバーガーである。
好みで、プロセスチーズ、ベーコン、マスタード、ハラペーニョを追加することもできる。
地域限定の香辛料には、バーベキューソース、サルサ、ワカモレがあり、タルタルソース、ハニーマスタード、ステーキソース、ホットソースが選べる地域もある。
通常のワッパーのメニューには次のようなものがある: その他のメニュー ワッパー(ワッパーチーズ) 期間限定のメニュー 地域限定のメニュー テリヤキワッパー 過去に発売されたメニュー チキンワッパーは、現在でもヨーロッパの一部と中東で販売している。
アメリカ合衆国、トルコ、ニュージーランドでは、既にテンダーグリルチキンサンドイッチに置き換わっている。
小さなフレンチフライ、ワッパージュニア、Barq’sのルートビア、ハインツのケチャップからなるバーガーキングの食事セット ワッパーは1957年にバーガーキングの創業者Jim McLamoreによって発明された。
「ワッパー」と名付けた理由は「何か大きいもののイメージを与える」(convey imagery of something big)ためだった。
1980年代の一時期には、ワッパーの総重量は1/3ポンドを超え、バンズはカイザーロールに変更された。
その数年後、ワッパーは元の形態に戻った。
2000年代初期には「1/3ポンドワッパー」が復活したが、やはり続かなかった。
包装は、当初から何度か変わっている。
マクドナルドとは異なり、発泡スチレン製の貝殻型容器は使われず、1980年代後半に発泡スチレンの環境負荷が問題になっても、板紙製の容器で商品を販売し続けることができた。
紙の使用量を減らすために、1991年に板紙製の容器からろう紙製の容器に変わった。
注文を受けてから調理を始めるスタイルに変えてからすぐ、ウェンディーズで使われているようなアルミ箔製の容器の利用も始まった。
バーガーキングによるワッパーの当初の宣伝文句の1つは、「ワッパーの食べ方は1024通り」There are 1024 ways to have a Whopperというものであった。
これは、10種類の具材の有無を選択することができたので、210 =1,024通りの注文の仕方があることを意味していた。
このコピーは後に、「ワッパーの注文の仕方には221,184の方法が可能である」There are 221,184 possible ways for a customer to order a Whopper sandwichと拡張された。
また別の宣伝文句には、「ワッパーを持つには両手が必要である」It takes two hands to handle the Whopperや「バーガーキング:ワッパーの家」Burger King: Home of the Whopperというものがあった。
ワッパーの50周年を記念した2007年の広告キャンペーンでは、ワッパーが割引されるというニュースを聞いた本物のラスベガス市民の反応が使われた。
後のバージョンでは、マクドナルドのビッグマックやウェンディーズのシングルに対する同じ反応が使われた。
ポスターやトレイライナー等の店内の広告では、ビッグマックの大きさや質を批判した。
このキャンペーンは、2007年から2008年記のレストラン広告の最優秀作の1つとして、2009年のEffie Award…

スポンサードリンク


スポンサードリンク



>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください