NY老舗ステーキ店 東京に海外初出店で期待語る(2021年10月14日)

 ニューヨークの老舗ステーキ店が東京に海外初出店するのにあたり、オーナーの男性が東京店への期待を語りました。

 1887年に創業したニューヨークの老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー」は14日、アメリカ国外で初めて東京・恵比寿に出店します。

 ANNの取材に応じたオーナー一族の男性は「コロナ禍で人々は友達や家族と集まることを求めている」と東京店への期待を述べました。

 ダニエル・ターテル共同オーナー:「NY以外に店を出す都市の候補は東京しかなかった。東京は並外れた食の都だからね。恵比寿というのも、ここの立地みたいにちょっと外れていいと思った。六本木でも丸の内でもなく、恵比寿が良かった」

 アメリカと同じく、東京店でもオーナー一族の選別を経た肉が空輸され、提供されるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク


スポンサードリンク



>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください